【きゅうり】植え付け方・支柱の立て方をご紹介!

野菜作り

私は野菜作りが趣味の一つ2019年から畑を借りて、夏野菜・冬野菜を育て始めました。

そんな私が今回は、きゅうりを畑に植え付けました。

その時に実際私がやってみた、

  • きゅうりの植え付け方
  • 支柱の立て方

を元に写真を交えながらご紹介したいと思います。

「きゅうりを育ててみたいな~」と思っている方の参考には読んでいただくと、植える際の参考になると思います。

きゅうりの苗の植え付け・支柱建て・ネット張りをするとこのような感じです。

では早速、行きましょう!

スポンサーリンク

きゅうりの苗の植え付け方

1.畝と苗に水をあげる

今回梅雨が明けてから植え付けました。

畝を作るときに土が乾いてしまっていた場合は、植え付ける前に畝と苗に水をあげることをオススメします。

土が乾いてしまっていては植え付けたときに苗がカラカラの状態になりやすくなってしまうからです。

2.畝にマルチを張って穴を開ける

畝にマルチを張ります。

土の湿度を保ち乾燥を防ぐためと、雑草が生えなくなる効果があるからです。

今回は一列で植え付けたので畝の真ん中に一つ苗を植えました。

ですので下の写真のように、真ん中に穴を開けます。

3.開けたところに苗が入るぐらいの穴を掘る

次に穴を開けたところを掘ります。

下の写真が穴を掘っている様子です。

少し見にくいかもしれませんが苗が入るくらいの穴を掘っています。

深さと大きさは、苗の大きさより一回り大きく掘るのがオススメです。

苗を置いた後、土をかぶせられるぐらいの深さが良いですね。

苗を入れる前、この穴を掘った状態の時に根切り虫対策の薬などを入れたりすることがあります。

4.ポットから苗を外す

苗を植えるためにはポットから外す必要があります。

下の写真のようにポットを外し、土が見える状態にして掘った穴に入れます。

この時畑、畝を作るときに元肥を入れてない場合は化成肥料をぐるり苗の周りに一握り分、入れたりします。

5.苗を穴に入れて土をかぶせる

苗を穴に入れた後は、土をかぶせて軽く土を押さえてあげると植え付けは終わりです。

下の写真が植え付け後の苗の様子です。

植え付けた後はたっぷりと水をあげましょう。

6.植え付け終了

下の写真が植え付け終わったきゅうりの苗です。

マルチを張った畝の真ん中に一列、真っ直ぐに植え付けています。

苗の植え付けはこれで終了なのですが、きゅうりはツルが伸びる野菜です。

ですので支柱を立て、ネットを設置する必要があります。

後日設置しても良いのですが、植え付けの時に一緒に設置してしまうのがオススメです。

予想以上に成長してツルが伸びることがありますので。

支柱の設置方法

1.支柱を打ち込む

下の写真が今回私が設置した支柱の写真です。

鉄パイプを設置していますが、支柱で十分。

支柱はホームセンターで購入できますし、ダイソーなどの100均でも購入できます。

ダイソーは実際に使ってみて余程の強風が吹いたりしない限りは全然問題なく使用できました。

話がそれましたが、斜めに支柱を打ち込みます。

土は意外に硬いので金槌などで打ち込むのがオススメです。

あまり長い支柱は背が高くなるので打ち込むのが大変でした・・・。

今回両端の鉄パイプは右と左二本で支えるように打ち込んであります。

さらにもう一本二本の支柱が交わる所に追加して打ち込むと強度が増すのでおすすめです。

次に打ち込んた支柱に、ある程度間隔をあけて打ち込んだ支柱の上を一本橋渡しのように乗せるのですが、

この時支柱の打ち込んでいく間隔は上に渡す支柱が届くぐらいの間隔で打ち込んでいくと作業がスムーズにいきます。

そして紐で固定していきます。恥ずかしながら、この写真ではすごく適当に結んでありますが、とにかく支柱が動かないように結びましょう。

支柱が立て終わったら今度はツルが伸びていくネットを設置します。

2.支柱を張った後にネットを張る

使用したネットはダイソーで販売していたものです。

一袋で高さも横幅も足りていました。

横幅は、18mぐらいカバーできる大きさです。

設置の仕方は端から支柱に結んでいき、下は畝に着くか着かないかぐらいの所で上の部分を渡した支柱に紐で止めていきます。

それを端まで繰り返していき、ネット張りは終了です。

これで全ての工程が終了し、冒頭の写真のようになります。

ちなみに余ったネットはまとめて端の支柱に紐で括りつけています。

風などが吹いて拡がってしまっては大変ですので、ネットが余った場合は切ってしまうか、括りつけておくのが良いです。

あとは水やりをしっかりして、病気や害虫に気を付けながら美味しいきゅうりが収穫できるように育てましょう。

『家庭菜園では物足りないなあ…』

『畑で野菜を育ててみたいなあ…』

と思っている方へ

\おすすめのサービス/

『シェア畑』

 

畑のレンタルサービスで、

季節ごとの苗や農具もあり、

野菜作りのサポート充実!

\詳しくはこちら/

手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】

おわりに

ということで今回この記事で、

  • きゅうりの植え付け方
  • 支柱の立て方

をご紹介していきました。

今回は私がこの夏に植え付けた方法を元に記事を書いたので、ご覧になった方の中には、「もっといい方法があるのに!」とか、「ここはちょっと違うんじゃない?」と思われる方もいらっしゃると思います。

繰り返しにはなりますが、きゅうりを植えて育ててみたいと思っている方の参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました